借金が膨らみ生活が苦しい状態で、法律相談をと考えている方は、借金とは別に「弁護士費用が・・」と悩んでいるのではないでしょうか?

自己破産の費用が払えない?
自己破産をするしかないけど、弁護士費用がない・・
でも、もうこれ以上借りられないし貸してくれるところもない・・

上記のような状況なら自己破産の費用は無くて当たり前ですね。

自己破産の費用分割払い&無料相談可能な法律事務所

岡田法律事務所

岡田法律事務所は、東京弁護士会所属の岡田優仕弁護士が代表を務めています。

0629002初回相談料無料 
何度でも相談は無料です。

ノウハウ・実績多数
実績経験が豊富だから適切な解決方法を提案できます。
土日・全国対応
平日に時間が取れなくても対応可能です。
またどこに相談して良いのか解らない場合でも全国対応ですから任せて安心です。

okadameru0814001最初から電話で話すのは、抵抗があるという方には、メールでの相談も受け付けています。
入力項目は、名前(匿名でも可能です)メールアドレスの他に電話番号、住んでいる地域(都道府県名)借入総額・件数・平均借り入れ年数、相談内容ですが、必須項目は、氏名と電話番号だけです。

突然折り返しの電話が来ては困るという方もいると思います。そのような時は、「ご相談内容」の入力するところに「最初の相談は、メールでの返信を希望します。」とでも送れば、最初から電話は来ないはずです。まずはメールで、ある程度の内容を伝えてからでも良いと思います。

債務整理の無料相談は全国・休日対応の岡田法律事務所

岡田法律事務所

リヴラ総合法律事務所

0814002こちらの弁護士事務所も実績は、豊富です。相談件数は、40000万件以上!顧客満足度も85%ですからどこに相談したら良いのか迷っている方には相談する目安となるとは思います。
この法律事務所のモットーは、3つ!
・親しみやすさ
・信頼
・安心

弁護士というと身近に感じないような存在かも知れませんが、「身近に感じてもらえるような事務所であろう」と考えています。そういった観点からなのか?女性スタッフが受付けをしています。どこの法律事務所も女性スタッフが、対応しているケースが多いとは思いますが、地方の個人事務所とは、事務職員の人数の規模も違うでしょうから迅速に対応してくれると思います。

では、地方の法律事務所は親切ではないのか?と誤解されそうなので、一言付け加えておきます。私の体験談ですが、私は、最初地元の法律事務所へ電話で相談をしました。電話に出たのは、その事務所の事務職員と思われる方でしたが、「先生は現在不在ですので、また後からご連絡下さい」という返事でした。こちらは、どうしようもない切羽詰まった状況でしたので、他の事務所へ連絡したのは言うまでもありません。

0823001
そういった経験からもやはり最初から全国展開の法律事務所へ連絡するほうが、早いと思っています。
こちらの事務所も「借金お助けナビ無料相談受付」という全国対応・24時間受付のメールでも相談出来るシステムが整っています。

必須項目は、名前・電話番号・メールアドレスのみですから気軽に相談出来るのではないでしょうか?

問い合わせ内容も記入してしっかりと自分の言いたいことを伝えることも大切ですね。

初期費用0円でノーリスク借金解決のリヴラ総合法律事務所

伊藤法律事務所

弁護士法人サルート法律事務所

こちらのサルート法律事務所も東京弁護士会所属の水野正晴弁護士が代表となっています。

0629001自己破産の費用は、500,000円(税別)~となっていますが、着手金と報酬金を含んだ金額表示です。

同時廃止や管財事件と自己破産の状況によって変わってきますので、自分自身がどれに当てはまるのか?専門家である弁護士に聞いてみないと解らない部分ではあります。


・費用の分割対応も可能です。
・何よりも経験と実績が豊富な弁護士事務所です。


電話でも相談可能ですが、メールでの相談も対応しています。
メール相談の利点は、「自分の言いたいことを伝えられる」というところだと思います。
saruto0814001もちろん電話のほうが良いという場合もあるでしょうから上手に使い分ければいいでしょう。
司法書士に比べれば費用も高いかも知れませんが、多重債務で毎月返済に追われながら苦しんでいるのなら借金をゼロにして再スタートすれば500,000円という金額も高くはないのではないでしょうか? 

※私の場合は、800,000円でしたが、10ヶ月で弁護士費用を払うことが出来ました。
800,000円の借金だったとしたらいつまでも支払い続けていたと思っています。

・相談無料 
・24時間365日受付 
・全国対応 
・初期費用0円

債務整理の無料相談はコチラ

弁護士法人サルート法律事務所の公式サイトはこちら

無料の法律相談を利用する

一人で多額の借金のやり繰りをしているのは、精神的にも苦しく辛いものです。知人や家族にも言えないなら借金は増えるばかりで減ることは考えにくいです。誰かに話さないと収拾がつきません。

借金のことを誰かに話してみませんか?

誰かに話すことで気持ちが落ち着く場合もあります。(私は、自己破産者ですが、弁護士へ依頼する前に知人へ話したことで楽になったのを今でも覚えています。※自己破産体験記として一番下のページにに書いています。)
ですから知人や家族に話せないのなら法律の専門家である弁護士や司法書士に話してみてはいかがでしょうか?
相談をしてみるだけでも価値はあると思います。

債務整理をしたほうが良いのか?しなくても済むのか?
 
弁護士や司法書士の所へ「もう自己破産しかない」と思い込んで相談に来た方達の中で、実は自己破産ではなく他の債務整理で済んだという場合が多いのだそうです。

借金問題に精通した法律事務所へ相談することが、借金地獄・多重債務から逃れる一番の近道だと思います。費用も相談に乗ってくれるますし弁護士費用は分割で支払うことが可能です。 
法律事務所によっては対応していないところもあるかも知れませんが、ほとんどの所では分割での支払いも対応してくれると思います。ただし、法律事務所も仕事ですから実際に費用を支払っていけるのか見極める必要はありますから慎重にはなることでしょう。

でもどこの事務所へ頼んでいいのか解らない場合もあるかと思います。
そのような方の為に「匿名で診断できる」街角法律相談所という無料借金減額シミューレーターというものがあります。matikadokeisai0815この画像が申し込んだ後のものです。簡単な質問に答えるだけです。折り返し電話が来ますので、心の準備をして待っていると良いでしょう。借りれ額と件数・住宅ローンのありなし・最後に電話番号とメールアドレスを入力したら送信して後は待つだけです。

街角法律相談所

一般的な弁護士費用の金額は、50万円~(※債権者数や負債額によっても変わってきます。)というのが相場のようですので、それほどのまとまったお金があるのなら借金返済に回してるはずですので、弁護士費用が無いのは当然ですね。144785

数十万円ぐらいの借金で自己破産をする方は稀だと思います。数百万円の借金を抱えてしまい借金を借金して返す自転車操業になっているというケースがほとんどのようです。

そのような今日の支払いも困難な人達に破産費用(弁護士や司法書士に支払える費用)はないでしょう。あったなら真っ先に債権業者へ支払っているはずです。
いつまで利息を含めた借金を返すのですか?

分割払いと違って、リボルビング払いというのは、借金の残高がなかなか減りません。

「今月分を支払って利用可能額の枠が出ればまた借りる。」ということを繰り返していませんか?
銀行やクレジット会社・消費者金融の支払いを延々と支払い続けるのは苦しくありませんか?

借金まみれなのに弁護士費用はどうすればいいの?

借金地獄の生活に陥ると、毎月の借金支払いに追われ、生活の楽しみも忘れてしまいます。そんな時は、誰でも閉鎖的な考え方に落ちていく事ものです。
お金が自分の心を圧迫して息苦しく感じているあなたへ、今を打開できる債務整理の弁護士費用についてまとめてみました。

借金の催促におびえる気持ちや、毎月の支払日が近くなると、ストレスで不眠や胃痛をおこしている人もいるかもしれません。
Print
今や、テレビのCMや番組でも取り上げられる『債務整理』という言葉・・・
自分もできたら、債務整理をお願いしたいが、債務整理には弁護士や司法書士を頼まなければなりません。(自分で債務整理をする人もいますが)

それでなくても借金で家計を圧迫しているのに、そんな料金を支払える余裕があれば借金の返済をしていると思う人も多いでしょう。

それでは『債務整理』を諦める前に、その弁護士や司法書士を雇ったときの費用をまず知っておきましょう。

債務整理は弁護士か司法書士に頼む?

債務整理をする場合は、ほぼ確実に弁護士や司法書士にお願いする必要があります。
専門知識があるだけではなく、交渉や裁判所への申請が必要となった場合は、法的な権利を有する代理人が必要となるからです。

弁護士を雇う際の費用

弁護士より司法書士の方が値段は少し安くなる場合があるようですが、一般的な弁護士費用をまとめておきましょう。
勿論、その弁護士事務所によって値段の上下はありますし、借金の金額などにより個人差はありますので、あくまでも相場の目安としてお考えください。

自己破産の費用
債務者の状況によって大きく変わりますが、30万円~50万円とされています。(私が自己破産を依頼した弁護士事務所は、80万円でした。)

※そのほかの債務整理の費用の目安
・任意整理の費用
着手金:3万円から4万円(債務先1件)
報酬金:3万円から4万円(債務先1件)
減額報酬:減額の金額分から10~20%
過払い報酬:過払い返金額から20~25%
その他諸費用:1万円から3万円

・個人再生の費用
債務者の状況によって大きく変わりますが、40万円~60万円とされています。

弁護士費用とは、医療などとは違い点数計算して値段が決まるものではなく、各弁護士やその事務所が決めているものです。
頼む事務所や、弁護士により大きく値段は変わります。
また、個人再生と自己破産に関しては、弁護士事務所側も債務者の状況をみないと、値段を提示できない場合が多く、料金表の公開をしていないようです。
しかし、任意整理の料金を公開して、明瞭な報酬を心がける弁護士事務所もあるので、まずは料金を明確にしている事務所に相談することが大切と言えます。

弁護士費用の支払い方

既にお金に困っている方にしては、随分と高額な弁護士費用だと思われるかもしれません。
債務整理とは法的な部分だけではなく、とても大変な仕事となります。
それに見合う報酬を取るのは、至極当たり前なことですが、債務整理を行い弁護士費用が払えなかったという事はめったに起こらないようです。
そのからくりを見ていきましょう。

弁護士費用とは、基本的に分割払いが可能となります。
弁護士に一括で高額な報酬を払える人は、まず債務整理の依頼はしません。
そして、弁護士に依頼すると、依頼をしたその日から借金の返済をストップ出来ます。つまり借金から一時休戦することが出来るのです。
借金の支払いに追われる事はなくなり、催促もされなくなりますので、今まで借金返済にあてていたお金が浮くわけです。
378815
その分の中から、いくら分割支払いにするのかを弁護士側と話し合い、弁護士費用の分割払いに充てる事が可能になります。

例えば、10万円の借金返済を毎月していた場合は、弁護士費用を毎月10万にするのではなく、毎月5万円に変更し、残りの5万円は自分の生活費にあてることが可能になるわけです。

それまで、金銭的にも、精神的にも、肉体的にも苦痛を強いられた生活は、出ていくお金が減り、催促や支払いに追われることはなく、本来の自分らしさを取り戻す時間を作る事が可能となるのです。

勿論、自己破産以外の場合は、債務整理後には支払額は減ったとしても、返済をしなければなりません。
しかし、追い詰められた現状や、法的な事がわからない状況下での苦しみは、自分の健全な生活に支障をきたし、正確な判断能力を奪っていく事でしょう。

そうならない為にも、専門家に依頼して解決へ導く事が大切だと言えます。
弁護士事務所も多数ありますが、料金表を上げている所や、無料相談をもうけている所へ出向き、どれだけ自分の状況に親身に向き合ってくれるかを見る事もいいでしょう。
プリント

まず大切な事は、黙って催促を受け入れて嘆くよりも、動く事です。
借金苦に苦しんでいる人だと理解して、債務整理を行う弁護士事務所は、余計あなたの首を絞めて報酬を請求してくることはまずありません。

債務者が今までの行いを反省し正す為に、手伝いをする第三者となります。報酬の支払いに関しても、ある程度は相談に乗ってくれるはずです。

借金問題で一番大切な事は、一人で頑張らない事と、第三者の助けを求める事だと言えます。それが、新たな人生のスタートにかける費用となります。
借金返済は、過去の後片付けでしかありません。未来の為の投資を考えて進みましょう。

破産後の信用とは?

弁護士と司法書士とでは、自己破産の金額はどれくらい違ってくるのでしょうか?
自己破産の費用が心配な方には費用の分割払いが最低条件になってくるはずですので、全国対応で相談無料の出来る法律事務所をいくつかご紹介してみます。

自己破産体験記

私が、自己破産をした時の弁護士へ支払った金額は、80万円の10回分割払いでした。その他に交通費なども支払っていましたので、総額で80万円は超えていたと思います。弁護士事務所との話し合いでは、月々の支払いを10万円の8回払いで、交通費を含むその他の諸経費は別途支払いました。最初に着資金ということで、数万円を支払ったように記憶しています。

受任通知が債権者に渡ってから督促が止まるということを効くのですが、私の時は、弁護士事務所に相談した日に督促は止まったりました。各債権者にその日のうちに連絡してくれたものと思われます。正式の通達ではなく電話での連絡でしたが、各債権者業者ともに了承したのでしょう。

イラスト縦

毎月の借金を新たに借金をして返済している方などは、数万円から10万円ぐらいまでなら収入の中で手出しできるのではないでしょうか?
ですから「弁護士費用なんてとても払えない!」と思われているのなら決めつけずに専門家である法律事務所などに相談するべきです。何よりも無料で相談出来るのですから利用しない手はありません。
債務整理の中でも自己破産は、急を要するものですから悩んでいる時間があるのなら「無料相談」だけでも利用してみると良いでしょう。
当サイトでご紹介している法律事務所も何度でも無料で相談出来ます。電話は、もちろんメールでの相談も可能です。

数百万円の借金をゼロにして新たな生活を送るべきです。2005年に施行された新破産法も多重債務者に大きな希望を与えました。私が自己破産した平成8年(1996年)は、まだ新破産法が施行される前でしたので、勤務先の給料の差し押さえも受けました。でも現在は、新破産法のおかげで、その心配はありません。

給料の差し押さえが出来なければ、勤務先に自己破産したことを知られることは、ほぼありません。